【初心者オススメ!】ウィッグメーカー比較ランキング

可愛い,ウィッグ,犬
スポンサードリンク



いきなりですが、コレが出来るだけで一気にコスプレが上手くなって見える魔法の技術を知ってますか?

それはウィッグです。

コスプレをする上で必要なものの中でも、ウィッグは上手くなればなる程同時にあっという間に周りからも評価に繋がりやすいです。
メイクでは、自分の顔ではどうにもならない部分も絶対あります。
ですが、ウィッグは技術があれば本当にどうにでもなってしまいます。

実際メイクはそんなに上手く見えなくても、ウィッグがきちんと出来ていればなんとなく凄く上手にコスプレが出来ているように見える。
コレは神の整い方が「清潔感」という好感に繋がる側面もあると思います。

裏を返せばボサツいたウィッグを切ってるうちは、いつまで経っても上達しない人と思われがちですし、汚らしく見えるわけです。

なので今回はウィッグの選び方について、フォーカスをあてて話をしていこうと思います。
ウィッグを切るための道具に関しては前回の記事をチェック!
初心者必見!ウィッグカットを楽にする便利な道具

このページで学べること・ウィッグってそもそも何?
・ウィッグ選びのポイントは「コレ」
・スグ分かる!ウィッグメーカー毎の「その長所短所

そもそもウィッグとは

かつら,ウィッグ,ノーメイク,犬,可愛い

ウィッグの役割

ウィッグとは、髪型や髪色を変える目的で一時的に用いられるカツラの事全般を指します。
コスプレではウィッグは超重要。

何せ、アニメキャラと言えば現実で難しい髪色や髪型のキャラがほとんどです。
そんな頭にいちいちしてたら・・・・どうでしょうか?

第一に普段の生活がありますよね。髪色や長さに対する規則がある職場や学校も日本はまだまだ多いです。
そうした問題を解決しつつ、キャラに寄せてくれるのがウィッグです。

例:ウィッグがもし無かったら

例としてヒプノシスマイク。

  • ピンクと紫のグラデーションの髪
  • 腰より下まで伸びるグレーの長髪

など、実際するなら途方もない手間が掛かる髪形ですね。

鮮やかな色なら染めるにはブリーチを繰り返してからでないとそもそも染まらない。
染めた所で簡単に色落ちしてしまう。
長髪は伸ばすのに何年かかるか分からない。

またブリーチも髪を伸ばすのも、髪へのダメージも深刻です。
ブリーチは傷んで髪がちぎれるし、伸ばしているうちにどうしても毛先は痛む。

そこをカットして整えながら伸ばすのは非常に労力がかかる作業だ。
特に男性であれば、体質的な問題もあり中々髪をロングに伸ばすのは難しい。

そう考えると、ウィッグというのがいかに便利か再認識できるはずです。

ウィッグがない時代のコスプレ

メイド,ユメカワ,ウィッグ,コスプレその昔は自然な髪色でのコスプレは普通だった

今や当たり前にあるウィッグ。
様々な業者、色々なスタイルやカラーまで存在してます。

実は15年ほど前はコスプレ用のウィッグ業者は無かったんです。
数少ないウィッグも非常に高額(1個8000円程度)でした。

その為、みんな地毛をマニパニでその日のみ染めたり、髪型だけ寄せて茶~黒髪でコスプレをしたり・・・。
「今ショートだからロングのキャラは出来ない」なんて事も日常茶飯事だったそうです。

今では考えられない話ですね。

余談

よく更衣室で「スプレーを吹かないで下さい」と聞くと思います。
これはウィッグが出た当初は色が無色であったため、色をスプレーで入れてた時代の名残です。

当日までにウィッグが出来ず、更衣室やイベント会場でスプレーを吹いて色を付けているコスプレイヤーがいたそうです笑

ウィッグ選びのポイント

選択肢,ランキング,一長一短

さて、皆さんがそろそろ知りたいであろう「ウィッグ選びのポイント」を紹介します。

ウィッグ選びの際に、僕が基準にするポイントは以下の3点です。

  1. 品質
  2. 価格
  3. 使いやすさ(≒加工しやすさ)

以下にそれぞれ説明しますが、僕はこの3点でウィッグを吟味してます。

品質

ヘアスプレー,ワックス,ケープ

これは、ウィッグの毛の絡まりにくさやサラサラさ、色合いですね!

特に色がキャラのイメージ通りかどうかは重要視してます。
2種以上比較して、高くてもキャラにあった色合いならそちらを選ぶほどです。

また、毛が加工しやすく植えられているか等も含めて判断してますね。
(加えて以下のメーカー比較では、同じ社の製品でも生じる品質落差(例:色合いなど)も含めて考えてます)

使いやすさ

便利,イラスト,最高

例えば、キャラウィッグ等はかなり使いやすい部類に入ります。

これは元々のウィッグのまま使えるかどうかや、セットやカットをする場合はしやすさを総合して考えてます。

特にキャラウィッグはセット済みの部分が多いので、時間的短縮になります。
2時間かかる制作時間が、30分で済むならその分他の事が出来ます。
タイム イズ マネー!

ちなみに、自分の技量が追いつかない程の毛量だったり・使いにくくてカットが難しかったりした場合、悲惨なことになります。

価格

安い,コスパ,格安

純粋な一個あたりの値段。
コスプレはお金のかかる趣味、出来るならかかるコストは安くしたいですからね!

ただし、価格の安さよりは品質と扱いやすさを優先してます。
何故かと言うと…
安すぎて一回で絡んでダメになったり、カットがしづらいウィッグでは書い直ししたら結局高く付くからです。
(メーカー比較は、コストパフォーマンスはどちらかと言うと「品質面」に含んで考えてます)

検証!ウィッグメーカーの長所と短所!

女性,美容,脇,黒ずみ

さて、先述の3つを軸にして何店舗かのウィッグ店を比較しようと思います!
どこのメーカーも長所と短所はあります。
是非今の自分に最適なウィッグを選ぶ参考にして下さい!

更に!
先程の項目に加え『初心者オススメ度』を追加しました。

※紹介順=ランキング順ではありません。ご了承下さい。

①コスペディア

コスペディア,ウィッグ,カツラ↑↑クリックでサイトへ!↑↑

長所

  • セット、カット済のキャラウィッグの種類が多く、切らなくてもいい
  • キャラウィッグにグラデーションが入っていたりクオリティが高い
  • 品質が安定してよく、洗っても長持ちする
  • ウィッグの種類、色が多い
  • 配送の速さ◎

短所

  • キャラウィッグはそれなりの価格
  • グラデーションのあるキャラウィッグは他社より弱め
  • キャラウィッグはセット済なので余分には手を加えにくい

総合

とにかくキャラウィッグが優秀で、初心者にも上級者にもおすすめです。
特に初心者で加工に慣れてないうちは、キャラウィッグを買ってみることをオススメします。

価格も自分で作業する『手間』やウィッグを美容師にカット、セットしてもらう『費用』と比べると安いので、実質ほぼデメリットがないです!

ただし、最近あるグラデーションの入った髪色のキャラの場合、グラデーションが微妙です。
ここだけが弱点なので気をつけたほうがいいです。
どうしても作る場合は他社を利用すること。

公式サイトはこちらから

②アシストウィッグ

↑↑クリックでサイトへ!↑↑

長所

  • basicウィッグがとにかく安い
  • 色の種類が多い。かゆい所に手の届く色合い
  • お団子な生え際など特殊なパーツの販売も多く、ウィッグ製作しやすい
  • 毛量が程よい

短所

  • 色数が多く安いのはbasicだが、品質となると評価はややDOWN
  • 品質がいいPremiumは色数が減り、少し高い。
  • コスト面はコンシェルジュの方が上
  • カット、セットしてくれるプランやキャラウィッグもあるが、価格も割高になる

総合

色数とBasicが安めな事がポイントです。
色も微妙な色合いのモノも用意していることがあり、他社では無かった「コレだ!」という色合いがあることも。

ただし、肌感ですが、Premiumの色はちょっとイメージと違ったりするのがある印象。
その時は素直にコスペディアさんのキャラウィッグや他社さんを覗いてみよう。

キャラウィッグがないキャラのウィッグを初めて自分で作る際や、耐用度も高いので、ある程度繰り返しのの使用予定であれば非常にオススメ。

加えて、

上記のような「剥がれにくく、肌に優しいリフトアップテープ」をはじめ、他にはないコスプレのためのメイク用品も売ってます。

こういった小物が非常に強みなのがアシストウィッグの特徴です。

③コンシェルジュ

↑↑クリックでサイトへ!↑↑

長所

  • とにかく安い!コスト面は1番
  • 見比べていると目が痛くなる程、色の数が非常に多い
  • 毛量が少ないので梳く必要はない

短所

  • 毛量が少ないと言うより少なすぎる
  • ボブスタイルだと表面の毛が短すぎて跳ねやすい。
  • 全体的に毛が短い。予定より長めのものを買って切らなければならない

総合

とにかく安い。

自分でカットできる人にとってはロングも安く、慣れていれば加工しやすいです。
ロングスタイルなどにはオススメ。

ただし、カットや加工面で初心者には多少オススメしにくい点があります。
どうしてもコンシェルジュのウィッグで無ければならない場合(色がイメージ通りなど)は、経験者や美容室にカットをお願いすると良いだろう。

④クラッセ

↑↑クリックでサイトへ!↑↑

長所

  • サラサラで癖がない上、触り心地が最高
  • 毛量がある程度選べるのはクラッセだけ
  • 公式サイトにキャラ別オススメウィッグリストがあり、多数の作品とキャラを網羅している
  • ウィッグの種類が多い。猫耳に見えるウィッグパーツなどはここくらいしかない

短所

・クセが付きやす過ぎて、保管した時の状態によって痛む
・値段が高い
・自分で加工することが前提となっているものが多い

総合

品質はNo.1。
特殊な髪型のキャラなどをやる際や、自分でカット、アレンジが出来る方にはオススメ

どちらかと言うと女性キャラ向きのウィッグが多い印象です。
極論、一人のキャラを極めたい場合クラッセのウィッグを買い、美容師にカットをお願いすればクオリティも担保されます。

ただし品質が良い代わり、その分価格も高いです。
同時にコストや加工の面で考えた場合、初心者にはおすすめし辛いです。

⑤スワローテイル

↑↑クリックでサイトへ!↑↑

長所

  • 毛量は1番多いメーカー。
  • ファッションウィッグに関しては種類豊富、ナチュラルなキャラにオススメ
  • 配送が速い

短所

  • 毛量がとにかく多い為、非常に絡みやすい
  • 普通のウィッグに使うにはオススメしづらい
  • 毛の癖や毛量から整えにくい

総合

個人的にミディアム系は良いが、特にロングがあまりオススメ出来ない。
と、言うのもロングウィッグがとにかく絡んで手入れもしづらいです。

逆に異次元的な髪形・2次元キャラといったキャラ等、毛量が多く求められる時にココを念頭に置いても良いですね。

総じて毛量が必要なキャラには良いと思うが、初心者には特にオススメしにくいお店の印象。
ただし、価格は安さではTOP3に入ります。

余談

スワローテイルはカラコンが非常に綺麗なメーカーでもあります。
よくコスプレでも利用することの多いメーカーですので、カラコンを吟味する際はかなり一考の余地ありです!

⑥富士達

↑↑クリックでサイトへ!↑↑

長所

  • 価格が安い。特にキャラウィッグ
  • Tefureなどのオシャレなファッションウィッグシリーズが豊富で、創作コスプレにオススメ。
  • 三つ編み、軽い結い上げなどのアレンジにも耐えられる

短所

  • 通常のウィッグは切りにくい。自分で加工するには使いにくい
  • キャラウィッグの価格が安い分、セットやカラーなどに関してはイマイチ惜しい

総合

総じてスタンダートな性能です。

コスプレ帰りや普段使い、創作に使えるウィッグが非常に優秀。
自然なカラーも多く、自分に似合う髪色を探せるなどの用途にも使いやすい。

普段使いウィッグとしての評価は高評価と言っても過言ではない。
ただコスプレ用となると器用貧乏さが否めない

キャラウィッグであれば価格は上がってもいい方は、コスペディアなどで購入を検討。

⑦Bright LELE(ブライトララ)

brightlele,ブライトララ,ファッションウィッグ↑↑クリックでサイトへ!↑↑

長所

  • ファッションウィッグ、普段遣いとして品質・コスト共に最高
  • 毛量も自然なので、黒~茶髪の学生キャラにも良し
  • 髪形も意外と種類がある

短所

  • コスプレ用は微妙なラインナップ
  • 「ポトレしません」というタイプには勧めにくい

総合

こちらも富士達同様コスプレ帰り&創作にはうってつけです。
落ち着いた髪のJKキャラなどやるなら僕はココで買いますね
(JKをやる機会があるとは言ってない)

富士達と違うのは、コチラのメーカーさんが元々医療用のメーカーさんなので品質が段違いに最高です。
その上で安い。

ただし、キャラクターのコスプレに向いたウィッグは少ないので、そこは今後も拡充に機体、と言ったところです。

公式サイトはこちらから

⑧LocoLoco

↑↑クリックでサイトへ!↑↑

長所

そのまま被って使えるグラデーションウィッグが多い
・毛量が多めで、軽い編み込みなどのアレンジに耐えられる
特徴的な色合いが多く、創作コスプレに使いやすい

短所

毛の質は良くない。ザラザラしている
・前髪の毛量が多く、抜け感はあまりない

総合

総じてコスプレより、創作や自撮り向きです。
夢かわいい。

良くも悪くも特徴的な色合い、グラデーションのウィッグに特化しており、ゴスロリ系の創作などに最適。
そのまま被って使える様に作られている点も良い。

ただ、毛質が良くはないことと毛量が多く前髪の厚みがある。
同時にカットは初心者にはしにくいことから、欲しい色合いがある場合以外はコスプレにおいては、初心者にオススメしづらいかもしれないです…

⑨エアリー

↑↑クリックでサイトへ!↑↑

長所

  • 毛質がよい。非常にカットしやすい
  • 毛束の種類も豊富で、メッシュのキャラなどに使いやすい
  • ライオンベースなど、セットの難しい髪型向きのウィッグが豊富

短所

  • クラッセと同じくかなり価格が高め
  • アレンジを前提としたウィッグが多く、そのまま使うことはまず出来ない
  • 毛量が少ない

総合

上級者や予算がある人向けのウィッグ。
そのまま使えないことや価格の高さが難点だが、クラッセと同率で品質だけで言えばNo.1。

クラッセに比べ毛先が遊んでいる男性キャラ向きのウィッグが多いことが特徴です。

ただし毛量が少ないので梳きバサミを少し入れると禿げます。

⑩ノーブランド(ヤフオクやAmazon販売の中華系業者)

↑クリックしてAmazonへ↑

長所

  • 人気のキャラであれば気軽に買える
  • Amazonプライム配送などが利用可、どこよりも配送が速い
  • ブランドより早くキャラウィッグがあったりする

短所

  • 写真と違うものが届くことがある
  • 品質がとにかく安定しない。評価が大幅に変わる。1の時もあれば10の時もある
  • 抜け毛が酷いものが多い

総合

正直点数を付けるのが難しい
当たり外れが激しいウィッグです。
(上記画像リンクの二番目の城さんは割と安定してるかも)

ハズレをなるべく引かないためには

  1. Amazonプライムになっている業者
  2. 評価が3~4のもの
  3. レビューが業者っぽくない

この点を守りましょう!
ただそもそも品質にバラつきがあるのであまり期待しない方が良い

ただし、

上記のような汎用性の高い優秀なウィッグが安く買えたりするのもAmazonです。

最初にAmazonを巡ってみて評価が良さそうなら買ってしまうのも選択肢としてはアリです
(ただし自己責任)

 

以上、このような評価です!
随時、値段や品質の更新・新規メーカーさんがあった場合は追記しますね!

用途やお財布、目的と相談して選ぼう

女性,20代

以上がウィッグメーカー毎の比較評価になります。

このように比較と評価をするページが中々無かったためリサーチをして書いてみました。

僕の選ぶ基準は冒頭のとおりですが、勿論毎度その限りではありません。
例えば

  • ラブライブの東條希の毛量を再現するのにスワローを使う
  • ヒプマイ乱数の加工をしたくてクラッセを使う
  • 予算が合わないので、コンシェルジュでボカロのルカ用に購入

みたいなことは僕にもありました。

大事なのは「いつ」「どんな時に」「どの位の値段で」ウィッグを作るかで選ぶことです。

是非、今後ウィッグを選ぶ参考にしてみて下さい!

それでは!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



1 個のコメント

  • ‪こんばんは、突然申し訳ありません。‬
    ‪ブログを読んだことがきっかけでいつかコスプレしたいなと、今スキンケアを頑張っている者です。

    紹介されていたバジャーの日焼け止めを買ってみました。夜寝る際は化粧水の上にワセリンで保湿しているのですが、朝洗顔でワセリンを落とした後は、化粧水と日焼け止めのみで外出でいいのでしょうか? それともその上からワセリンを塗った方がいいのでしょうか。
    記事と直接関係ない質問で申し訳ありませんが、お教えいただけますと幸いですm(_ _)m‬

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です